読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女は私の手を握って自分の胸先に置きた

『何してるの。』と私が彼女に聞きました。

『私を触って。』彼女は私の手を握って自分の胸先に置きました。

私はしばらく滞在して、どうしたらいいかを知りません。しかし手は彼女の胸でためらっていました。柔軟な胸ですねぇ。

『力入れて。』と彼女が言いました。

私の手は悪魔のように彼女の胸でなでていて、彼女の呼吸も更に差し迫っていました。

f:id:mixmiss:20151218112047j:plain

『私のラバースーツを脱ぐように手伝てくれますか。』と彼女は目を閉じていて言いました。

キャットスーツを脱ぐの?』

『あなたが私をなでるので熱くて、ほしいです。』

私はこうしてはいけないを考えていて、しかし手が自然に彼女のラバーキャットスーツを脱ぎ始めました。