読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎の薬

『あなたの精神と知恵は丈夫で、薬物だけじゃ恐らくあなたを制御することはできなくて、引き継いでまたあなたの全身に薬を塗って、2重の保険をするとキャットスーツの主人はわざわざ教えてくれました。』と全身タイツの女の侍従が言いながら、彼女は1本の液体を取り出して、瓶の蓋を開けて、目を閉じて、精神を集中していました。その後彼女の口もとはかすかに揺れ動いて、彼女は頭を下げて、口もとはきらきらと透明な汁が流れ出して、瓶に入りました。ふたを閉じて揺れて、完全に混合させました。

f:id:mixmiss:20160721105640j:plain

このシリーズの挙動を見て私は戸惑いました。彼女に聞きたいが、どこから聞くのを忘れました。