読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1回のじょそう外出

始まったところの道は1条の黒々とした小さい路地で、夜12時ため、また11月で、天気はとても寒くて、外が誰もいません。

路地を出して、街灯は明るくて、とても怖くて、しかし仕方なくて、すでにじょそうして出てきて、引き続き前に向かって行くことしかできません。

たぶん1本の通りをめぐって、いくつかの人は時には私を見て、ほぼ何のこともありません。

f:id:mixmiss:20161228104512j:plain

半時間後に帰って、この時にいくつかのヤクザは私に話しをかけました。『お姉さん、どこに行くの。送りましょう。』

その時私はとても怖くて、急いで帰っていくほかありません。ただ彼らの気ままな笑い声だけが聞こえました。彼らが追ってくるのを恐れてしまいました。幸い路地は遠くないです。