読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルクをこよなく愛する男の娘

女装で日常を送っています。

女装する時は絶対シルク製の女装スーツを選ぶ、ほとんどの服や下着、布製品はシルクです。

普通女性用の服からスカーフや下着なども集めています。

そして、自分で着ます。

シルクの滑々した肌触りがたまらなく好きです。

 

f:id:mixmiss:20150812122847j:plain

シルクフェチに目覚めたのは幼い頃で母親のシルクのスカーフが最初の出会いでした。

ツルツルしたさわり心地が気持ちよくて、それで遊んでいたので、よく怒られました。

でも、シルクが好きなのはわかってもらえたので、時々、シルク製のハンカチなどの小物を買ってくれました。

服はさすがにほとんど買ってもらえませんでしたが。

 

それから中学に入り、女子のセーラー服のスカーフに毎日ときめいてました。

時には落し物のスカーフを持ち帰ったこともあります。

高校の頃にシルクの布団カバーを自分で買いました。

シルクに包まれて気持ちよくて、寝心地も最高でした。

 

初めて女装した時はシルクワンピースを着ました。

シルクって気持ちいい肌触りだっていってくれて嬉しかったです。